SQLServerExpressの設定

SQLServerExpressインストール後に、最初に構成マネージャー等で設定すること。

1.TCP/IPの有効化

[SQL Server ネットワークの構成] - [SQLEXPRESS のプロトコル]で、[TCP/IP]を右クリックして、[有効にする]に設定。

2.ポートの変更

[TCP/IPのプロパティ] - [IPアドレス]タブで、下の[IP ALL]のポートを任意のポートを設定して、ファイアウォールで指定IPからの接続許可を設定する。

設定後に、 SQLEXPRESSを再起動する。

3.SSMSのインストール

ManageMentStudioをダウロードしてインストールする。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/ssms/download-sql-server-management-studio-ssms?view=sql-server-ver15

「使用できる言語」のところで、「日本語」を選んでダウンロードする。

1)DB復元

ManageMentStudio からDBを復元する方法については、以下。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/relational-databases/backup-restore/restore-a-database-to-a-new-location-sql-server?view=sql-server-ver15

2)外部からの接続

外部PCからのDB接続には、saユーザーのログインを許可するか別のログインユーザーを作成する。

SQLServerの[プロパティー]-[セキュリティ]の[サーバ認証]で、[SQL Server認証モード と Windows認証モード]に設定して再起動し、SQLServer認証を有効にする。

接続先は2.で3ポートを変更しているので、ManageMentStudio でポート指定をIPアドレスの後にカンマ区切りで指定する。

4.ODBC設定

古い32Bitサーバーアプリを動かすために、32BitのODBCの設定が必要。

https://docs.microsoft.com/ja-JP/troubleshoot/sql/connect/odbc-tool-displays-32-bit-64-bit

32Bit用のODBCコマンドは以下にある。

c:\Windows\SysWOW64\odbcad32

サーバーでポート指定をすること。

Windowsサーバー設定

VPSでWindowsサーバー追加時に設定ことのメモ

1.リモートデスクトップのポート変更

以下レジストリの値を変更したいポートにする。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcp\PortNumber

ファイアウォールに上記ポートについて、指定IP(VPN)からのみ許可する設定を追加して、再起動

2.ファイアウォールの設定

リモートデスクトップ用ポートの許可を追加する。不要な設定は、無効にする。

3. リモートログイン時 のメール通知

3.1 SMTP

1)サーバーマネージャーの「役割と機能の追加」から「SMTPサーバー」を追加

2)サービス「簡易メール転送プロトコル」のスタートアップの種類を「自動」に

3)迷惑メール対策として、追加サーバーのSFPレコードを設定

3.2タスクスケジュラー設定

タスクスケジューラで、[トリガー: ユーザーセッションへの接続時]にメール通知するように設定。以前はタスクスケジューラからメール送信設定できたが、現在は使えないようなので、PowerShellで以下のようなコマンドを組む。

# 使用するSMTPサーバを指定します
$smtp = "127.0.0.1"
# 差出人アドレスを指定します
$from = "admin@XXXXX.com"
# 宛先アドレスを指定します
$to = "yourmail@XXXX.com"
# 件名を指定します
$subject = "Login(xxxxserver)"

# メール送信のためのSmtpClientクラスをインスタンス化
$cli = New-Object Net.Mail.SmtpClient($smtp)

# メール送信のためのMailMessageクラスをインスタンス化
$mail = New-Object Net.Mail.MailMessage($from, $to)
$mail.Subject = $subject
$mail.Body = "Did you login?"
$mail.SubjectEncoding = [System.Text.Encoding]::GetEncoding("ISO-2022-JP")
$mail.BodyEncoding = [System.Text.Encoding]::GetEncoding("ISO-2022-JP")

# メールを送信します
$cli.Send($mail)

タスクスケジューラの[操作]で、以下のように設定する。

  • 操作:プログラムの開始
  • プログラム/スクリプト:powershell.exe
  • 引数の追加:-Command “コマンドファイルのフルパス”

4.WindowsUpdateの手動化

勝手にUpdateされると困るので、sconfigコマンドから、手動更新に変設して、サーバー再起動する。

5.自動ログオン

サービス化されていない古いアプリサーバーのために、起動時に自動ログインするように設定する。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/troubleshoot/windows-server/user-profiles-and-logon/turn-on-automatic-logon

上記では、レジストリにパスワードを平文で保存することになるので、以下のAutoLogonツールを入れるほうがいい。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/downloads/autologon

6.アプリケーションエラーの通知

タスクスケジューラで、[トリガー:イベント]で、以下の場合にメール通知するように設定。 メールの送信方法は3と同様。

  • ログ:Application
  • ソース:Application Error
  • イベント ID:1000

WordPressのXserverへの移行

お名前.comのレンタルサーバーから、Xserverのレンタルサーバーへ移行した。WordPressの移行については、「WordPress簡単移行」で移行した。

https://www.xserver.ne.jp/manual/man_install_transfer_wp.php

便利で楽にできていいのだが、ただ、一つのサイトだけデータ移行のところで失敗して移行できなかった。

【原因】

プラグインの「Google Map WP」がDBでバイナリデータを使っていて、それが通常方法でdumpした場合には復元できないためエラーとなるよう。

【対応方法】

「WordPress簡単移行」を使いたい場合は、一旦、「Google Map WP」プラグインを削除してから移行して、その後、Xser ver側で再度、プラグインを入れるしかないか。

そうじゃなければ、自分で移行する。

https://www.xserver.ne.jp/manual/man_install_transfer_wordpress.php

その場合、DBバックアップ時には「–hex-blob」オプションを指定すること。

https://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/ja/mysqldump.html#option_mysqldump_hex-blob

バックアップ設定

以下、バックアップの方針に基づいて、CentOSサーバー間で、バックアップ設定した手順。

0.環境

転送元サーバー:CentOS 8.2

  • ホスト名(例):www.xxservice.com
  • グローバルアドレス(例):222.222.222.222
  • プライベートネットワークアドレス(例):10.10.10.1
  • sshdポート(例):7777
  • バックアップを実行するユーザー(例):appuser

転送先サーバー1:CentOS 7.8

  • ホスト名(例):bak1.xxservice.com
  • プライベートネットワークアドレス(例):10.10.10.200
  • sshdポート(例):8888

転送先サーバー2:CentOS 7.8

  • ホスト名(例):bak2.xxservice.com
  • 転送元サーバーとは別拠点で、プライベトネットワーク未接続
  • sshdポート(例):9999

1.転送先サーバーの設定

バックアップ用ユーザー(例):backupuser

バックアップディレクトリ(例):/home/backupuser/xxservice/

1-1)sshd_configの修正

/etc/ssh/sshd_configの設定が以下となるようにする。

  • ホストベース認証を有効
  • ホストベース認証の既知ホストは、ユーザーディレクトリ下を許可
  • ユーザーディレクトリ下の.shostsを有効にする。
# For this to work you will also need host keys in /etc/ssh/ssh_known_hosts
HostbasedAuthentication yes
# Change to yes if you don't trust ~/.ssh/known_hosts for HostbasedAuthentication 
IgnoreUserKnownHosts no 
# Don't read the user's ~/.rhosts and ~/.shosts files 
IgnoreRhosts no

後、プライベートネットワークでは逆引きできない。余計なログを出さないようにUseDNSがyesの場合は、noに変更する。

UseDNS no

設定変更後に、設定の読み込み。

$ systemctl reload sshd

1-2)rootユーザーへのスイッチ禁止

/etc/pam.d/suで、以下を設定し、rootユーザへのスイッチを禁止する。

auth required pam_wheel.so use_uid root_only

1-3)バックアップ用ユーザー作成

$ adduser backupuser

1-4)バックアップ用ディレクトリ作成

$ su - backupuser
[backupuser ~]$ mkdir xxservice

1-5)既知ホストの追加

バックアップユーザーで、転送元サーバーにssh接続を試みて、公開鍵を取得して既知ホストに登録する。

※転送先サーバー1の場合
[backupuser ~]$ ssh -p 7777 10.10.10.1

※転送先サーバー2の場合
[backupuser ~]$ ssh -p 7777 www.xxservice.com

既知ホストに追加するかと聞いてくるので、yesで登録すると、~/.ssh/known_hostsに登録される。

ポート番号が入った形で登録されるので、viコマンドで修正する。

※転送先サーバー2の場合、以下のように修正する

[www.xxservice.com]:7777,[222.222.222.222]:7777 (公開鍵) 
↓
www.xxservice.com,222.222.222.222 (公開鍵)

1-6).shostsの設定

viコマンドで、.shostsファイルを作成し、中身は以下とする。転送元サーバーのIPアドレスを設定する。

※転送先サーバー1の場合

10.10.10.1 appuser 

※転送先サーバー2の場合

222.222.222.222 appuser 

パーミッションを変更して、.shostsファイルを見えないようにする。

[backupuser ~]$ chmod 600 .shosts

2.転送元サーバーの設定

2-1)ssh_configの修正

従来はssh_configを直接修正していたが、CentOS 8.2 では、以下ディレクトリにファイル追加するのが作法みたい。

/etc/ssh/ssh_config.d/99-hostbase.confを、以下内容で作成する。

HostbasedAuthentication yes
EnableSSHKeysign yes

2-2)既知ホストの追加と接続確認

以下コマンドで接続し、既知ホストに追加するかと聞いてくるので、yesで登録する。

※転送先サーバー1への接続
[appuser ~]$ ssh -p 8888 -l backupuser 10.10.10.200

※転送先サーバー2
[appuser ~]$ ssh -p 9999 -l backupuser bak2.xxservice.com

問題なければ、無事にログインできる。

2-3)バックアップ処理の登録

以下のコマンドを作成して、実行権を付けて、cron実行する。

2-3-1)バックアップコマンド

do_backupという名前で以下ファイルを作成する。timeコマンドで実行時間を計測しながら、低優先度でバックアップを実行する。

引数は、バックアップサーバーのアドレス、ポート、バックアップファイルの接尾辞で、このコマンドは、バッチから引数を渡されて実行される。

【do_backup】

#!/bin/sh
#
alias dotime='time ionice -c 2 -n 7 nice -n 19'

# param
if [ $# -ne 3 ]; then
  echo "param error!!"
  exit 1
fi
BACKUP_SERVER=$1
BACKUP_SERVER_PORT=$2
BACKUP_SUFFIX=$3

# file setting
BIN_DIR=(コマンドの配置ディレクトリ)
BACKUP_DIR=(バックアップファイルを置くディレクトリ)
BACKUP_LOG="$BACKUP_DIR/bak_$BACKUP_SUFFIX.log"

BACK_FILE_DB="$BACKUP_DIR/dbbak_$BACKUP_SUFFIX"

APP_DIR=(アプリケーションデータのディレクトリ)
BACK_APP_DIR="$BACKUP_DIR/appdata/"

TRNS_DB_DIR="/home/backupuser/xxservice/"
TRNS_APP_DIR="/home/backupuser/xxservice/appdata/"

#--------------------------------------------------
# Start
echo "---- START : `date`"  > $BACKUP_LOG

####################
# DB
echo "---- DB S : `date`"  >> $BACKUP_LOG
(dotime $BIN_DIR/do_db_backup $BACK_FILE_DB &>> $BACKUP_LOG) &>> $BACKUP_LOG

echo "---- DB GZIP S : `date`"  >> $BACKUP_LOG
(dotime gzip -f $BACK_FILE_DB &>> $BACKUP_LOG) &>> $BACKUP_LOG

####################
# APP
echo "---- APP S : `date`"  >> $BACKUP_LOG
(dotime rsync -auv --rsync-path="ionice -c 2 -n 7 nice -n 19 rsync" \
  $APP_DIR $BACK_APP_DIR &>> $BACKUP_LOG) &>> $BACKUP_LOG

####################
# Transfer

# transfer DB backup
echo "---- TRN DB S : `date`"  >> $BACKUP_LOG
(dotime scp -P $BACKUP_SERVER_PORT $BACK_FILE_DB.gz ubackup@$BACKUP_SERVER:$TRNS_DB_DIR \
  &>> $BACKUP_LOG) &>> $BACKUP_LOG

# transfer APP backup
echo "---- TRN APP S : `date`"  >> $BACKUP_LOG
(dotime rsync -auvz -e "ssh -p $BACKUP_SERVER_PORT" $BACK_APP_DIR \
  ubackup@$BACKUP_SERVER:$TRNS_APP_DIR  &>> $BACKUP_LOG) &>> $BACKUP_LOG

# End
echo "---- END : `date`"  >> $BACKUP_LOG

最初のrsyncで、–rsync-path=”ionice -c 2 -n 7 nice -n 19 rsync”オプションを付けているのは、受信側も同じアプリサーバーのため優先度を下げている。転送時には付けていないのは、転送先サーバーはバックアップ専用のため、優先度を気にしなくていいため。

2-3-2)DBバックアップコマンド

do_db_backupという名前で以下ファイルを作成する。3-1)バックアップコマンドから呼ばれるコマンドで、DBに応じたコマンドを作成する。

【do_db_backup】

※MariaDBの例

#!/bin/sh
#
#  $1: backup file name
#

mysqldump --user=(DBユーザー) --password=(DBパスワード) --single-transaction (データベース名) > $1

※PostgreSQLの例

#!/bin/sh
#
#  $1: backup file name
#

pg_dump -Fc -b (データベース名)> $1

2-3-3)実行コマンド

バッチで実行するための、以下の2つのファイルを作成する。

【BACKUP_HOURLY】

#!/bin/sh
#

BACKUP_SERVER=10.10.10.200
BACKUP_SERVER_PORT=8888
BACKUP_SUFFIX=h`date +%H`

(コマンドの配置ディレクトリ)/do_backup \
  $BACKUP_SERVER $BACKUP_SERVER_PORT $BACKUP_SUFFIX

【BACKUP_DAILY】

#!/bin/sh
#

BACKUP_SERVER=bak2.xxservice.com
BACKUP_SERVER_PORT=9999
BACKUP_SUFFIX=d`date +%d`

(コマンドの配置ディレクトリ)/do_backup \
  $BACKUP_SERVER $BACKUP_SERVER_PORT $BACKUP_SUFFIX

2-4)cron設定

“crontab -e”で、実行コマンドをスケジューリングする。

毎時42分と、毎日3時13分にバックアップする設定の例。

# m h dom mon dow command
42 * * * * (コマンドの配置ディレクトリ)/BACKUP_HOURLY
13 3 * * * (コマンドの配置ディレクトリ)/BACKUP_DAILY

バックアップについて

各種サービスのアプリデータのバックアップについての基本方針。

1.対象データ

データ1)DBデータ

MariaDB、PostgreSQL、SQLServerなどのデータ。

データ2)アプリデータファイル

サービス固有のデータファイル。細かいファイルがどんどん増えていく。

2.バックアップ先

異なるタイミングで2拠点にバックアップする。

転送先1)LAN内サーバー

同一センター内でプライベートネットワーク内の別サーバー

転送先2)別拠点サーバー

別事業者の別地域のサーバー。例えば、実サーバーがConoHaの東京リージョンの場合、転送先2としては、ConoHa以外の事業者(ニフクラやさくらインターネット等)で、東京以外(大阪とか)のサーバーにする。

3.バックアップのタイミング

1)1時間毎

 DBデータ、アプリデータファイルをバックアップフォルダにバックアップして、転送先1)LAN内サーバーに転送する。

2)日毎

 DBデータ、アプリデータファイルをバックアップフォルダにバックアップして、転送先2)別拠点サーバーに転送する。。

4.バックアップ方法

データ1)DBデータ

データベースアプリのバックアップ方法によりバックアップファイルを作成し、必要あればgzip等で圧縮する。

今のところ、フルバックアップでも問題ないため、すべてフルバックアップとする。

データ2)アプリデータファイル

rsyncコマンドにて、バックアップフォルダに差分コピーする。過去ファイルが残っていても問題ないなら、deleteオプションはつけない。

5.転送方法

データ1)DBデータは、scpによるファイル転送。

データ2)アプリデータファイルについては、rsync over sshで転送。

※プライベートネットワーク内であれば、rsyncプロトコルでもいいかもしれないが、ここもssh経由とする。

6.バックアップのローテート

データ1)DBデータ

転送先1)LAN内サーバーについては、バックアップファイル、またはディレクトリに時間(date +%H)を付けることで、24セット(24時間)でローテートする。

転送先2)別拠点サーバーについては、日にち(date +%d)を付けることで、翌月の同日にローテートする。

データ2)アプリデータファイル

1セットとしてローテートしない。

7.その他

1)ホストベース認証

バックアップ先のサーバーに、バックアップ専用のユーザーを作成し、そのユーザーに対してホストベース認証を許可する。

suコマンドによるrootユーザーへのスイッチは禁止しておく。

2)タスクの優先度

バックアップ元(アプリ運用中のサーバー)のバックアップ処理については、以下コマンドで実行することで、優先度を下げること。

ionice -c 2 -n 7 nice -n 19 コマンド

バックアップ先のサーバーについては、バックアップ専用のため、優先度は気にしない。

 

実際の設定は、次の記事。