SQLServerExpressの設定

SQLServerExpressインストール後に、最初に構成マネージャー等で設定すること。

1.TCP/IPの有効化

[SQL Server ネットワークの構成] - [SQLEXPRESS のプロトコル]で、[TCP/IP]を右クリックして、[有効にする]に設定。

2.ポートの変更

[TCP/IPのプロパティ] - [IPアドレス]タブで、下の[IP ALL]のポートを任意のポートを設定して、ファイアウォールで指定IPからの接続許可を設定する。

設定後に、 SQLEXPRESSを再起動する。

3.SSMSのインストール

ManageMentStudioをダウロードしてインストールする。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/ssms/download-sql-server-management-studio-ssms?view=sql-server-ver15

「使用できる言語」のところで、「日本語」を選んでダウンロードする。

1)DB復元

ManageMentStudio からDBを復元する方法については、以下。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/relational-databases/backup-restore/restore-a-database-to-a-new-location-sql-server?view=sql-server-ver15

2)外部からの接続

外部PCからのDB接続には、saユーザーのログインを許可するか別のログインユーザーを作成する。

SQLServerの[プロパティー]-[セキュリティ]の[サーバ認証]で、[SQL Server認証モード と Windows認証モード]に設定して再起動し、SQLServer認証を有効にする。

接続先は2.で3ポートを変更しているので、ManageMentStudio でポート指定をIPアドレスの後にカンマ区切りで指定する。

4.ODBC設定

古い32Bitサーバーアプリを動かすために、32BitのODBCの設定が必要。

https://docs.microsoft.com/ja-JP/troubleshoot/sql/connect/odbc-tool-displays-32-bit-64-bit

32Bit用のODBCコマンドは以下にある。

c:\Windows\SysWOW64\odbcad32

サーバーでポート指定をすること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください