本番DBを開発用にマスキング

本番データを、開発環境に落とした後に個人情報部分を書き換えるクエリ。あくまでも開発環境用なので、データマスキングツールを使うまでもないので、簡単なクエリで書き換えるというだけ。以下はPostgreSQLでのサンプル。

1.固定名+連番に書き換え

名前(name)を固定値「試験 太郎」+キー番号にする場合。数値型のキーのcustomer_idを6文字以内(先頭から)の文字列として後ろにつけている。

UPDATE customer SET
 name = '試験 太郎' || CAST(customer_id AS character varying(6))
 WHERE name <> '';

「試験 太郎1」・・・「試験 太郎999999」のような感じ。

2.文字列の一部を書き換え

名前(name)の1文字目、3文字目、5文字目を「〇」に置き換える場合。

UPDATE customer SET
 name =  '〇' || SUBSTR(name, 2, 1) || '〇' || SUBSTR(name, 4, 1) || '〇' || SUBSTR(name, 6)
 WHERE  name <> '';

「山本文左衛門」が「〇本〇左〇門」となる。短い「孫文」のような場合、「〇文〇〇」となるので、まあテストデータなので特に気にしない。

3.電話番号

ハイフンで連結されている電話番号(tel)の市外局番だけはそのままで、残りは「9999-9999」として、「03-9999-9999」というような感じにする。

UPDATE customer SET
 tel =  CAST(SPLIT_PART(tel ,'-', 1) AS character varying(5)) || '-9999-9999'
 WHERE tel <> '';

ハイフンの無い携帯番号(mobile_no)の先頭6文字はそのままで、後ろ5文字を「99999」とする例で、「08012399999」という感じになる。

UPDATE customer SET
 mobile_no = SUBSTR(mobile_no , 1, 6)  || '99999'
 WHERE mobile_no <> '';

4.メールアドレス

ドメインはそのままで、アカウント部分を固定値「test」+キー番号とする場合。

UPDATE customer SET
 mail =  'test' || CAST(id_customer AS character varying(10)) || '@' || CAST(SPLIT_PART(mail ,'@', 2) AS character varying(64))
 WHERE mail <> '';

「yamada_tarou@hogehoge.com」がid_customer=869の場合、「test869@hogehoge.com」となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください