SQLServerExpressの設定

SQLServerExpressインストール後に、最初に構成マネージャー等で設定すること。

1.TCP/IPの有効化

[SQL Server ネットワークの構成] - [SQLEXPRESS のプロトコル]で、[TCP/IP]を右クリックして、[有効にする]に設定。

2.ポートの変更

[TCP/IPのプロパティ] - [IPアドレス]タブで、下の[IP ALL]のポートを任意のポートを設定して、ファイアウォールで指定IPからの接続許可を設定する。

設定後に、 SQLEXPRESSを再起動する。

3.SSMSのインストール

ManageMentStudioをダウロードしてインストールする。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/ssms/download-sql-server-management-studio-ssms?view=sql-server-ver15

「使用できる言語」のところで、「日本語」を選んでダウンロードする。

1)DB復元

ManageMentStudio からDBを復元する方法については、以下。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/relational-databases/backup-restore/restore-a-database-to-a-new-location-sql-server?view=sql-server-ver15

2)外部からの接続

外部PCからのDB接続には、saユーザーのログインを許可するか別のログインユーザーを作成する。

SQLServerの[プロパティー]-[セキュリティ]の[サーバ認証]で、[SQL Server認証モード と Windows認証モード]に設定して再起動し、SQLServer認証を有効にする。

接続先は2.で3ポートを変更しているので、ManageMentStudio でポート指定をIPアドレスの後にカンマ区切りで指定する。

4.ODBC設定

古い32Bitサーバーアプリを動かすために、32BitのODBCの設定が必要。

https://docs.microsoft.com/ja-JP/troubleshoot/sql/connect/odbc-tool-displays-32-bit-64-bit

32Bit用のODBCコマンドは以下にある。

c:\Windows\SysWOW64\odbcad32

サーバーでポート指定をすること。

Windowsサーバー設定

VPSでWindowsサーバー追加時に設定ことのメモ

1.リモートデスクトップのポート変更

以下レジストリの値を変更したいポートにする。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcp\PortNumber

ファイアウォールに上記ポートについて、指定IP(VPN)からのみ許可する設定を追加して、再起動

2.ファイアウォールの設定

リモートデスクトップ用ポートの許可を追加する。不要な設定は、無効にする。

3. リモートログイン時 のメール通知

3.1 SMTP

1)サーバーマネージャーの「役割と機能の追加」から「SMTPサーバー」を追加

2)サービス「簡易メール転送プロトコル」のスタートアップの種類を「自動」に

3)迷惑メール対策として、追加サーバーのSFPレコードを設定

3.2タスクスケジュラー設定

タスクスケジューラで、[トリガー: ユーザーセッションへの接続時]にメール通知するように設定。以前はタスクスケジューラからメール送信設定できたが、現在は使えないようなので、PowerShellで以下のようなコマンドを組む。

# 使用するSMTPサーバを指定します
$smtp = "127.0.0.1"
# 差出人アドレスを指定します
$from = "admin@XXXXX.com"
# 宛先アドレスを指定します
$to = "yourmail@XXXX.com"
# 件名を指定します
$subject = "Login(xxxxserver)"

# メール送信のためのSmtpClientクラスをインスタンス化
$cli = New-Object Net.Mail.SmtpClient($smtp)

# メール送信のためのMailMessageクラスをインスタンス化
$mail = New-Object Net.Mail.MailMessage($from, $to)
$mail.Subject = $subject
$mail.Body = "Did you login?"
$mail.SubjectEncoding = [System.Text.Encoding]::GetEncoding("ISO-2022-JP")
$mail.BodyEncoding = [System.Text.Encoding]::GetEncoding("ISO-2022-JP")

# メールを送信します
$cli.Send($mail)

タスクスケジューラの[操作]で、以下のように設定する。

  • 操作:プログラムの開始
  • プログラム/スクリプト:powershell.exe
  • 引数の追加:-Command “コマンドファイルのフルパス”

4.WindowsUpdateの手動化

勝手にUpdateされると困るので、sconfigコマンドから、手動更新に変設して、サーバー再起動する。

5.自動ログオン

サービス化されていない古いアプリサーバーのために、起動時に自動ログインするように設定する。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/troubleshoot/windows-server/user-profiles-and-logon/turn-on-automatic-logon

上記では、レジストリにパスワードを平文で保存することになるので、以下のAutoLogonツールを入れるほうがいい。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/downloads/autologon

6.アプリケーションエラーの通知

タスクスケジューラで、[トリガー:イベント]で、以下の場合にメール通知するように設定。 メールの送信方法は3と同様。

  • ログ:Application
  • ソース:Application Error
  • イベント ID:1000

WindowsでのPython開発環境

DjangoでWebサイトを構築することを考えており、検討した結果、IDEは、無料のVisual Studio Commnityを使うことにした。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/visualstudio/python/tutorial-working-with-python-in-visual-studio-step-00-installation?view=vs-2019

ライセンスを確認すると、自分は無償で問題ないようなので。

https://visualstudio.microsoft.com/ja/license-terms/mlt031819/

以前から使っていて慣れているということもあり、とりあえず。しかし、最近はVisual Studio Codeという流れのよう。この後、そっちも使ってみようと思う。

Windows10でhosts設定

DNS変更する前に、新しいサーバーのテストをする場合に、hostsファイルを設定する時の手順。

(hostsファイルの場所)

C:\Windows\System32\drivers\etc

このファイルは、管理者でないと編集できないので、普通に開くとエラーになる。以下がMicroSoftのヘルプ(Vistaのままだが)。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/923947/you-cannot-modify-the-hosts-file-or-the-lmhosts-file-in-windows-vista

参考までに、自分がWindows10でやる時の手順。

1)スタートボタンをクリックし「コマンドプロンプト(管理者)」をクリックする。「ユーザーアカウント制御」のメッセージが出るので、「はい」をクリック。

2)コマンドプロンプロトで、ディレクトリを変更。

cd drivers\etc

3)ノートパッドでhostsを開く

notepad hosts

4)編集して、「ファイル」-「上書き保存」して終了。

notepad hosts

ブラウザで前のアドレスでアクセスしていた場合は、一旦ブラウザを閉じて開き直せば設定した新しいアドレスにアクセスするようになる。