本番DBを開発用にマスキング

本番データを、開発環境に落とした後に個人情報部分を書き換えるクエリ。あくまでも開発環境用なので、データマスキングツールを使うまでもないので、簡単なクエリで書き換えるというだけ。以下はPostgreSQLでのサンプル。

1.固定名+連番に書き換え

名前(name)を固定値「試験 太郎」+キー番号にする場合。数値型のキーのcustomer_idを6文字以内(先頭から)の文字列として後ろにつけている。

UPDATE customer SET
 name = '試験 太郎' || CAST(customer_id AS character varying(6))
 WHERE name <> '';

「試験 太郎1」・・・「試験 太郎999999」のような感じ。

2.文字列の一部を書き換え

名前(name)の1文字目、3文字目、5文字目を「〇」に置き換える場合。

UPDATE customer SET
 name =  '〇' || SUBSTR(name, 2, 1) || '〇' || SUBSTR(name, 4, 1) || '〇' || SUBSTR(name, 6)
 WHERE  name <> '';

「山本文左衛門」が「〇本〇左〇門」となる。短い「孫文」のような場合、「〇文〇〇」となるので、まあテストデータなので特に気にしない。

3.電話番号

ハイフンで連結されている電話番号(tel)の市外局番だけはそのままで、残りは「9999-9999」として、「03-9999-9999」というような感じにする。

UPDATE customer SET
 tel =  CAST(SPLIT_PART(tel ,'-', 1) AS character varying(5)) || '-9999-9999'
 WHERE tel <> '';

ハイフンの無い携帯番号(mobile_no)の先頭6文字はそのままで、後ろ5文字を「99999」とする例で、「08012399999」という感じになる。

UPDATE customer SET
 mobile_no = SUBSTR(mobile_no , 1, 6)  || '99999'
 WHERE mobile_no <> '';

4.メールアドレス

ドメインはそのままで、アカウント部分を固定値「test」+キー番号とする場合。

UPDATE customer SET
 mail =  'test' || CAST(id_customer AS character varying(10)) || '@' || CAST(SPLIT_PART(mail ,'@', 2) AS character varying(64))
 WHERE mail <> '';

「yamada_tarou@hogehoge.com」がid_customer=869の場合、「test869@hogehoge.com」となる。

WEBサイトのHTTP定期監視

自社管理しているサイトを、別のCentOSサーバーから定期的に監視して、エラー時はメールを送るように設定。

0.前提

  • wgetコマンドがインストール済み
  • サーバーからのメール送信ができること ※迷惑メールにならないこと
  • 外部からの監視として、別センターのサーバーを利用

※迷惑メールにならない対策は以下

1.作業内容

監視用のサーバーにて、以下作業。今回使ったのはCentOS7.9。

1)チェック用ユーザー追加

adduser checker

2)checkerユーザーにて作業

su - checker

3)コマンド作成

mkdir bin
cd bin
vi bat_site_check.sh

以下のような内容でチェック用コマンドを作る。

#!/bin/sh
#

# site1.xxx.com
wget -t 3 -T 30 --spider "https://site1.xxx.com/" || date | mail -s "【site1.xxx.com】Check Error" xxxxxx@xxxx.com

# site2.xxx.com
wget -t 3 -T 30 --spider "https://site2.xxx.com/" || date | mail -s "【site2.xxx.com】Check Error" xxxxxx@xxxx.com

wgetコマンドで、リトライは3回(-t 3)、タイムアウト時間は30秒(-T 30)でURLを叩いてヘッダーを取得(–spider)して、エラーの場合にxxxxx@xxxx.comにメールを送信するようにしている。

コマンドを作成したら、ファイルに実行権を付与。

chmod +x  bat_site_check.sh

4)cron設定

定期的に作成したコマンドを実行するように、cron設定。

crontab -e

cronの定義内容の例は以下で、5分毎にチェックしている。

# m h dom mon dow   command
1-59/5 * * * * /home/checker/bin/bat_site_check.sh >>/dev/null 2>&1

PrivateLANのセキュリティー設定

CentOSで、プライベートネットワーク側のセキュリティー設定についてのメモ。

1.現状のゾーン設定確認

以下コマンドで確認すると、プライベートネットワークeth1は、デフォルトのpublicになっている。

# firewall-cmd --get-active-zones
public
  interfaces: eth0 eth1

2.プライベート用のゾーン作成

プライベートネットワーク用のゾーンprivateを作成する。

https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/8/html/configuring_and_managing_networking/creating-a-new-zone_working-with-firewalld-zones

以下コマンドでOK。

firewall-cmd --new-zone=private --permanent

許可するサービスを追加。httpを追加の場合は以下。

firewall-cmd --permanent --zone=private --add-service=http

定義ファイル/etc/firewalld/zones/private.xmlを直接修正するでも良い。

https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/8/html/configuring_and_managing_networking/zone-configuration-files_working-with-firewalld-zones

以下は、ssh(※ポート変更済み)とnfsを有効とした場合。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<zone>
  <short>private</short>
  <description>private lan</description>
  <service name="ssh-XXXX"/>
  <service name="nfs"/>
</zone>

定義を読み込む。

firewall-cmd --reload

3.ゾーンへのネットワークインターフェースの割り当て

https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/8/html/configuring_and_managing_networking/assigning-a-network-interface-to-a-zone_working-with-firewalld-zones

firewall-cmd --zone=private --change-interface=eth1 --permanent

警告メッセージが出るので、以下でやる方がいいかもしれないが、上記コマンドで特に問題はない。

https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/8/html/configuring_and_managing_networking/assigning-a-zone-to-a-connection-using-nmcli_working-with-firewalld-zones

以下コマンドで、eth1に対しては、ゾーンprivateが適用されていることを確認。

# firewall-cmd --get-active-zones
public
  interfaces: eth0
private
  interfaces: eth1

Naxsiの設定

WAFとしてNaxsiを使う場合の設定について。

Naxsiのインストールについては、以下。

ここでは、具体的にNaxsiをどう設定するかについて、ドキュメントに従って具体的に作業した内容を記す。

(ドキュメント)https://github.com/nbs-system/naxsi/wiki

1.ホワイトリスト設定

基本ルールでブロックされるページについて、表示できるようにホワイトリスト設定をする。

(ホワイトリスト)https://github.com/nbs-system/naxsi/wiki/whitelists-bnf

(MatchZones)https://github.com/nbs-system/naxsi/wiki/matchzones-bnf

ログからブロックされたルール条件を確認して、それに対するホワイトリストを設定すればいい。

(Naxsiログ)https://github.com/nbs-system/naxsi/wiki/naxsilogs

ツールで自動にも作成できるが、それほどないのであれば、サンプルを見ながら簡単にできる。

https://github.com/nbs-system/naxsi/wiki/whitelists-examples

具体的な対応方法は、以下のように行う。

1)ログのエラー確認

エラーログを見ると、例えば、Chromeからのアクセスの場合にfavicon.icoの取得でエラーが出ていることがわかる。

2022/02/23 14:46:11 [error] 1654#1654: *181 NAXSI_FMT: ip=x.x.x.x&server=xxx.net&uri=/favicon.ico&vers=1.3&total_processed=144&total_blocked=92&config=block&cscore0=$LIBINJECTION_SQL&score0=8&cscore1=$SQL&score1=16&zone0=HEADERS&id0=17&var_name0=sec-ch-ua&zone1=HEADERS&id1=1005&var_name1=cookie, client: x.x.x.x, server: xxx.net, request: "GET /favicon.ico HTTP/1.1", host: "xxx.net", referrer: "https://xxx.net/favicon.ico"

上記メッセージは、以下の2つのルールでブロックされていることを示している。

【ルールID:17、変数:sec-ch-ua】

zone0=HEADERS&id0=17&var_name0=sec-ch-ua

【ルールID:1005、変数:cookie】

zone1=HEADERS&id1=1005&var_name1=cookie

2)ホワイトリスト追加

上記2ルールに対して、以下の設定を追加する。

BasicRule wl:17 "mz:$URL:/favicon.ico|$HEADERS_VAR:sec-ch-ua";
BasicRule wl:1005 "mz:$URL:/favicon.ico|$HEADERS_VAR:cookie";

以下サンプルも参考に。

https://github.com/nbs-system/naxsi/wiki/whitelists-examples

3)動作確認

設定を確認して、以下で再読み込みを行う。

nginx -t
systemctl reload nginx 

これで再度表示できるか確認する。別のエラーになったら、正常に表示できるまで1)から3)の手順を繰り返す。

favicon.ico以外の読み込みも同じ問題があるので、URLの条件を外した。また他のルール1010,1011への対応も必要となったので、以下のような設定となった。

BasicRule wl:17 "mz:$HEADERS_VAR:sec-ch-ua";
BasicRule wl:1005,1010,1011 "mz:$HEADERS_VAR:cookie";

2.Fail2ban連携

Fail2banと連携することで、Naxsiで連続でエラーになったIPを除外できる。

https://github.com/nbs-system/naxsi/wiki/integration-fail2ban

設定は簡単に(2,3分で)できる。

2.1 設定

1)/etc/fail2ban/filter.d/nginx-naxsi.confを追加

以下の内容で、/etc/fail2ban/filter.d/nginx-naxsi.confを作成

[INCLUDES]
before = common.conf
[Definition]
failregex = NAXSI_FMT: ip=<HOST>&server=.*&uri=.*&learning=0
            NAXSI_FMT: ip=<HOST>.*&config=block
ignoreregex = NAXSI_FMT: ip=<HOST>.*&config=learning

2)/etc/fail2ban/jail.localに定義を追加

ドキュメントではjail.confを修正となっているが、jail.localに定義する方が良いので、こちらに定義を追加。

[nginx-naxsi]
enabled = true
port = http,https
filter = nginx-naxsi
logpath = /var/log/nginx/*error.log   # ※Naxsiのエラーログを指定
maxretry = 6

3)定義の読み込み

systemctl reload fail2ban

2.2 動作確認

連続でエラーを起こして、BANされることを確認する。

/var/log/fail2ban.logで確認できる。また、以下コマンドでも確認できる。

fail2ban-client status nginx-naxsi

Banned IP listに、自分のIPアドレスが追加されていることが確認できる。

実際のIP制限は、banactionのデフォルトではiptablesになってるため、CentOS Stream9では効かないので次の手順で設定する。

2.3 IP制限の種類変更

CentOS Stream9では、iptablesではなくてfirewalldを利用しているので、実際にBANを有効にするには、/etc/fail2ban/jail.localに以下定義を追加して、firewalldでIP制限をかけるように変更する。

[DEFAULT]
banaction = firewallcmd-ipset
banaction_allports = firewallcmd-allports

:

BANされた場合に、この設定が効いているのは、以下コマンドで確認できる。

# firewall-cmd --direct --get-all-rules
ipv4 filter INPUT_direct 0 -p tcp -m multiport --dports http,https -m set --match-set f2b-nginx-naxsi src -j REJECT --reject-with icmp-port-unreachable

f2b-nginx-naxsiというIPセットに問題のIPアドレスが設定される。

# ipset list f2b-nginx-naxsi
Name: f2b-nginx-naxsi
Type: hash:ip
Revision: 5
Header: family inet hashsize 1024 maxelem 65536 timeout 0 bucketsize 12 initval 0x29e6ce30
Size in memory: 280
References: 1
Number of entries: 1
Members:
X.X.X.X timeout 0   ※問題のIPアドレス

ブロックIPを解除するには以下。

fail2ban-client set nginx-naxsi unbanip X.X.X.X

2.4 メール通知

BANした場合に、メール通知する設定は以下。

destemail = jibun@xxxx.com    # メールの通知先(自分)
sender = fail2ban@xxxx.com    # メールの送信元
action = %(action_mwl)s       # BANが発動した時のアクション

Whois情報もつけてくれるので、whoisをインストール。

dnf install whois

Nginx+NaxsiでWAF

CentOS Strem9サーバーに、Nginx+NaxsiでWAFを構築する。

(Naxsi) https://github.com/nbs-system/naxsi

1.Nginxインストール

Naxsiモジュールをコンパイルするので、Nginxもソースからインストールしたものを使うほうがいいかもしれないが、保守を考えてdnfにてインストール。

dnf install nginx

今回入れたのは、バージョン1.20.1。

2.Naxsiモジュール作成

Naxsiインストールについては、GitHubの以下にある。

https://github.com/nbs-system/naxsi/wiki/naxsi-compile#build-naxsi-as-a-dynamic-extension-for-nginx-from-your-distribution-package-ie-ubuntu

この手順に従って行えばいい。

2.1 コンパイル環境

とりあえず開発用一式を入れる。

dnf groupinstall 'Development Tools'

追加でインストールしたコマンドは以下。

dnf install gd-devel
dnf install libxslt-devel
dnf install perl-ExtUtils-Embed

2.2 Naxsiソース取得

最新のバージョンを確認して、環境変数を設定。現時点では1.3。

以下のようにして、ソースを取得して展開。

export NAXSI_VER=1.3
wget https://github.com/nbs-system/naxsi/archive/$NAXSI_VER.tar.gz -O naxsi_$NAXSI_VER.tar.gz
tar vxf naxsi_$NAXSI_VER.tar.gz

2.3 Nginxソース取得

以下のようにして、1.20.1のソースを取得して展開。

export NGINX_VER=1.20.1
wget https://nginx.org/download/nginx-$NGINX_VER.tar.gz
tar vxf nginx-$NGINX_VER.tar.gz 

2.4 Naxsi動的ライブラリの作成

dnfでインストールしたNginxと同じ設定でコンパイルする必要があるので、まずNginxの情報を取得する。

nginx -V

このコマンドの出力結果の中のconfigure argumentsを指定してconfigureを行い、モジュールのコンパイルを実行。

cd nginx-$NGINX_VER  

./configure (※ここにconfigure arguments) --add-dynamic-module=../naxsi-$NAXSI_VER/naxsi_src/

make modules

今回の場合のconfigureコマンドは、具体的には以下のようになる。

./configure --prefix=/usr/share/nginx --sbin-path=/usr/sbin/nginx --modules-path=/usr/lib64/nginx/modules --conf-path=/etc/nginx/nginx.conf --error-log-path=/var/log/nginx/error.log --http-log-path=/var/log/nginx/access.log --http-client-body-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/client_body --http-proxy-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/proxy --http-fastcgi-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/fastcgi --http-uwsgi-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/uwsgi --http-scgi-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/scgi --pid-path=/run/nginx.pid --lock-path=/run/lock/subsys/nginx --user=nginx --group=nginx --with-compat --with-debug --with-file-aio --with-http_addition_module --with-http_auth_request_module --with-http_dav_module --with-http_degradation_module --with-http_flv_module --with-http_gunzip_module --with-http_gzip_static_module --with-http_image_filter_module=dynamic --with-http_mp4_module --with-http_perl_module=dynamic --with-http_random_index_module --with-http_realip_module --with-http_secure_link_module --with-http_slice_module --with-http_ssl_module --with-http_stub_status_module --with-http_sub_module --with-http_v2_module --with-http_xslt_module=dynamic --with-mail=dynamic --with-mail_ssl_module --with-pcre --with-pcre-jit --with-stream=dynamic --with-stream_ssl_module --with-stream_ssl_preread_module --with-threads --with-cc-opt='-O2 -flto=auto -ffat-lto-objects -fexceptions -g -grecord-gcc-switches -pipe -Wall -Werror=format-security -Wp,-D_FORTIFY_SOURCE=2 -Wp,-D_GLIBCXX_ASSERTIONS -specs=/usr/lib/rpm/redhat/redhat-hardened-cc1 -fstack-protector-strong -specs=/usr/lib/rpm/redhat/redhat-annobin-cc1 -m64 -march=x86-64-v2 -mtune=generic -fasynchronous-unwind-tables -fstack-clash-protection -fcf-protection' --with-ld-opt='-Wl,-z,relro -Wl,--as-needed -Wl,-z,now -specs=/usr/lib/rpm/redhat/redhat-hardened-ld -specs=/usr/lib/rpm/redhat/redhat-annobin-cc1 -Wl,-E' --add-dynamic-module=../naxsi-$NAXSI_VER/naxsi_src/

まあNaxsiのライブラリを作りたいだけなので全部は必要ないかもしれないが、元ドキュメントに”This will ensure module will be compatible with your nginx and will load properly.”とあるように、実運用するシステムであれば、このように同じ条件でNaxsi動的ライブラリを作成するほうが安全で安心かと思う。

3.基本設定

3.1 モジュールの配置

動的ライブラリを適当な場所(/etc/nginx/moduls等)に配置する。

mkdir /etc/nginx/modules
cp objs/ngx_http_naxsi_module.so /etc/nginx/modules/

基本的なルールも、そのまま使うのでコピーする。

cp (naxsiソースディレクトリ)/naxsi_config/naxsi_core.rules /etc/nginx/

3.2 Nginxの設定

/etc/nginx/nbginx.confに、モジュールとルールの読み込みと、Naxsiの設定を以下の例を参考に追加していく。

...
load_module /etc/nginx/modules/ngx_http_naxsi_module.so; # naxsiのロード

http {
    include /etc/nginx/naxsi_core.rules; # naxsi基本ルールのロード
    ...
}
...
server {
...

    location / { # naxsi is enabled, and in learning mode

        SecRulesEnabled; # naxsiを有効に
        LearningMode; #学習モードを有効に  ※エラーページにしたい場合はこれを外す
        LibInjectionSql; #SQLインジェクションへのサポートを有効に
        LibInjectionXss; #XSSインジェクションへのサポートを有効に

        DeniedUrl "/RequestDenied"; #naxsiがブロックした場合のリダイレクト先
        CheckRule "$SQL >= 8" BLOCK; #$SQLにスコアが8以上になった場合のアクションがBLOCK
        CheckRule "$RFI >= 8" BLOCK;
        CheckRule "$TRAVERSAL >= 5" BLOCK;
        CheckRule "$UPLOAD >= 5" BLOCK;
        CheckRule "$XSS >= 8" BLOCK;


        proxy_pass http://10.10.10.1; # WAFを設定したいWebサーバーのアドレス  
        ....
    }

    location /admin { # naxsi is disabled ※/admin以下はnaxsiは無効

        SecRulesDisabled; # オプション、デフォルトではnaxsiは無効
        
        allow 1.2.3.4;
        deny all;
        proxy_pass http://127.0.0.1;
        ....
    }

    location /vuln_page.php { # naxsi is enabled, and is *not* in learning mode
                 # ※この/vuln_page.phpはnaxsi有効で、学習モードでない(それ以外のページは上で指定されている学習モードになる)

        SecRulesEnabled;
        proxy_pass http://127.0.0.1;
    }
    
    location /RequestDenied {  # ※上で指定されたnaxsiがブロックした場合のlocation
        internal;
        return 403;
    }
...

}

4.動作確認

4.1 HTTPポート公開

ファイアウォールの設定で、httpのポートを開放する。

firewall-cmd --permanent --add-service=http
firewall-cmd --reload

4.2 Nginx起動

設定したnginx.confに間違いが無いかチェックする。

nginx -t

問題が無ければnginxを起動する。

systemctl start nginx

4.3 Naxsi動作確認

ブラウザからWAFを叩いてテストする。

不正なパラメータ(<scrript>)を付けてURLを叩くと、ブロックが動作しているか確認できる。LearningModeの場合は、エラーログにメッセージが残るだけである。LearningModeでない場合は、エラーページが表示される。

通常ページがブロックされないか念入りに確認する。ブロックされた場合は、ホワイトリストを設定するか、そのページをNaxsiから除外するか、ルールを見直す等の対応をする。

5.公開

問題がなくなれば、正式にhttps化して公開する。

httpsポートの開放は以下。

firewall-cmd --permanent --add-service=https
firewall-cmd --reload

Nginxを有効に。

systemctl enable nginx