PostgreSQL更新後にポートがデフォルトに

CentOS7にyumで入れていたPostgreSQLについて、更新したところ、ポートがデフォルトに戻ってしまった。

サービス起動ファイルが更新されてしまったため、再度、修正した。

# systemctl stop postgresql
# systemctl disable postgresql 
# vi /usr/lib/systemd/system/postgresql.service  ※Environment=PGPORT=5432 を変更して、サービス再登録
# systemctl enable postgresql 
# systemctl start postgresql 
# systemctl status postgresql  ※ポート変更されていることを確認

しかし、そもそも起動ファイルが、何で定義ファイルを無視するようになってるんだ・・・。

CertbotによるSSL証明書(CentOS7.9)

CentOS 7.9 にLet’s encrypt でSSL証明書を設定した時のメモ。

検索すると、古いやり方が出てくる。最新のやり方は、Certbotの本家サイトに行くのがいい。

https://certbot.eff.org/lets-encrypt/centosrhel7-apache

OSとWebサーバーを選んで、後は指示通りにやるだけ。

一応、CentOS 7.9 で、Apache 2.4 でやった時の手順は以下(2021年2月5日時点)。

1.SSLサーバーの設定

mod_sslは既に入れてあり、SSLは有効化されている。

ただし、SSL証明書を取得したいドメインについては、バーチャルホストとして定義するほうがいい。

デフォルトの/etc/httpd/conf/httpd.confではなく、/etc/httpd/conf.d以下に、バーチャルホストを定義する。ここに定義した、XXXX.com.confに対して、後の手順4で、Certbotが、XXXX.com-le-ssl.confを作成して、XXXX.com.confについても、httpsリダイレクトに修正してくれる。

2.snapdのインストール

https://snapcraft.io/docs/installing-snap-on-centos

これも既にやってあったけど、一応、以下をやる。

sudo yum install epel-release

後は、snapdをインストールする。

sudo yum install snapd
sudo systemctl enable --now snapd.socket
ln -s /var/lib/snapd/snap /snap

※この後、一度ログアウトするか、再起動

3.snapdのバージョン確認

sudo snap install core
sudo snap refresh core

4.以前のCertbotのアンインストール

sudo yum remove certbot

5.Certbotのインストール

以下を実行。

sudo snap install --classic certbot

6.Certbotコマンドの設定

コマンドにシンボリックリンクをはる。

sudo ln -s /snap/bin/certbot /usr/bin/certbot

7.証明書の設定

以下コマンドを実行して、サイトを選択して設定。

sudo certbot --apache

8.証明書の自動更新の設定

更新のスケジューリングは自動でされる。スケジューリングは、以下コマンドで確認できる。

sudo systemctl list-timers

CentOSサーバーにGit

GitHubにソースを置きたくないので(一応、4月から無料でもprivateにできるが)、自前のサーバーにGitを立てることにした。Gitの公式ドキュメントは以下。

Gitドキュメント(日本語)

とりあえず、Gitサーバー立てるのは、以下を参考に。

4.4 Gitサーバー – サーバーのセットアップ

0)方針

  • 個人の開発端末のVisual Studio 2019のローカルレポジトリーのバックアップ用。
  • 端末は複数(自宅、外)あるので、共有とする。
  • 公開サーバー上に置くので、アクセスはポート変更済みのSSHで鍵認証。
  • ユーザーはgit操作しかできないユーザーとする。

1)Gitインストール

$ yum install git

2)Gitユーザー作成

git用のユーザーを作成する。この時、ログインシェルをgitに制限したものgit-shellを指定。

$ adduser --shell=/usr/bin/git-shell git

3)SSH公開鍵の登録

クライアント側の公開鍵を登録するために、gitユーザーにsuする。

$ su -s /bin/bash - git

クライアント側(開発PC端末)のSSH公開鍵(/tmp/id_rsa.john.pub)を登録する。※公開鍵が未作成の場合は、以下手順(5-1)で作成した公開鍵を登録。

$ mkdir .ssh && chmod 700 .ssh
$ touch .ssh/authorized_keys && chmod 600 .ssh/authorized_keys
$ cat /tmp/id_rsa.john.pub >> ~/.ssh/authorized_keys
 ※viで編集するでもOK

4)プロジェクトの初期化

空の共有のhogeプロジェクトを作成。

$ cd
$ mkdir hoge.git
$ cd hoge.git
$ git init --bare --shared
 ※gitユーザーでしか使わないのが、後の為、一応、shared

5)Windows側のSSH設定

Windows PowerShellを起動して、SSHの設定を行う。ちなみに、Visual Studio 2019のGitで使うSSHコマンドは以下に入っている

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2019\Community\Common7\IDE\CommonExtensions\Microsoft\TeamFoundation\Team Explorer\Git\usr\bin

5-1)SSH公開鍵の作成

ssh-keygenコマンドで、鍵を作成する。鍵を作成したら、公開鍵(端末側の、~/.ssh/id_rsa.pub)を、サーバー側の~/.ssh/authoraized_keysに追加登録する。※上記手順3にて

4.3 Gitサーバー – SSH 公開鍵の作成

$ ssh-keygen

5-2)既知ホストの追加&接続確認

Gitサーバー(xxx.gijutsu.comで、SSHポートが9999の場合)に接続して、クライアント側の既知ホストに登録する。

$ ssh -p 9999 -l git xxx.gijutsu.com

この時、既知ホストに追加するか聞いてくるので、yesを入力。その後は、以下のシェルエラーとなればOK。

Last login: Tue Dec 1 10:13:25 2020
fatal: Interactive git shell is not enabled.
hint: ~/git-shell-commands should exist and have read and execute access.
Connection to xxx.gijutsu.com closed.

6)Visual StudioからのPush

作成したGitサーバーのhogeプロジェクトにプッシュする場合は、リモートURLは以下を指定。

ssh://git@xxx.gijutsu.com:9999/~/hoge.git

Visual Studio 2019では、「Git 」から「Gitレポジトリの作成」で、「既存のリモート」を選択して、上記のリモートURLを入力する。

Visual Studio 2019 - Gitレポジトリの作成