CertbotによるSSL証明書(CentOS Stream9)

CentOS Stream9 でnginxにLet’s encrypt でSSL証明書を設定した時のメモ。

Certbotの本家ページは以下。

https://certbot.eff.org/

SoftwareでWebサーバーを、SystemでOSを選べばいいのだが、本日時点で、CentOS Stream9は対象にないので、とりあえずCentOS8で。

https://certbot.eff.org/instructions?ws=nginx&os=centosrhel8

1.snapdのインストール

https://snapcraft.io/docs/installing-snap-on-centos

1)EPELの登録(既に登録済みだった)

sudo dnf install epel-release
sudo dnf upgrade

2)インストール

sudo dnf install snapd
sudo systemctl enable --now snapd.socket
sudo ln -s /var/lib/snapd/snap /snap

※この後、一度ログアウトして再ログイン。

2.snapdのバージョン確認と更新

sudo snap install core
sudo snap refresh core

3.Certbotのインストール

sudo snap install --classic certbot

4.Certbotコマンドの設定

コマンドにシンボリックリンクをはる。

sudo ln -s /snap/bin/certbot /usr/bin/certbot

5.証明書の設定

/etc/nginx/nginx.confのserver_nameにドメインが設定されていることが前提。以下コマンドを実行して、server_nameに設定されているドメインを選択する。

sudo certbot --nginx

6.証明書の自動更新の設定

自動更新の確認は以下。

certbot renew --dry-run

スケジューリングは、以下コマンドで確認できる。

sudo systemctl list-timers

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください