[Django]DB操作

1.モデル

https://docs.djangoproject.com/ja/3.1/topics/db/models/

1.1 オブジェクトの取得

オブジェクトを取得する

1)全件取得

MyModel.objects.all()

2)1件の取得

get() を用いて1つのオブジェクトを取得する

3)複雑な条件

以下で様々な条件が作れる。

Q オブジェクトを用いた複雑な検索

Field lookups

集計して、さらにその条件で検索するような場合は、以下を参考。

アグリゲーション

Filtering on annotations

1.2 リレーション

リレーション

関係により、以下クラスでFieldを定義する。リレーションを定義された側のモデルでは、自動で小文字のモデル名でフィールドが作成されて利用できるようになる。

反対向きのリレーション

1)多対一 (many-to-one) 関係

class ForeignKey(to, on_delete, **options)

必須ではありませんが、ForeignKey フィールド名 (上記の例では manufacturer はモデル名を小文字にしたものをおすすめします。

Djangoドキュメント:モデル-リレーション

2)多対多 (many-to-many) 関係

class ManyToManyField(to, **options)

3)一対一 (one-to-one) 関係

class OneToOneField(to, on_delete, parent_link=False, **options)

オブジェクトのhasattrは、以下でやる。

hasattr(object, 'field_name')

https://docs.djangoproject.com/ja/3.1/topics/db/examples/one_to_one/#one-to-one-relationships

4)実装例

Examples of model relationship API

5)その他

・キーは、無指定の場合、モデル名+’_id’となる。違う定義の場合は、db_columnで指定する。

Database Representation

・逆側のリレーションを作りたくない場合は、「related_name=’+’」

https://docs.djangoproject.com/ja/3.1/ref/models/fields/#django.db.models.ForeignKey.related_name

2.独自のクエリ

1)カスタムSQLの操作

https://docs.djangoproject.com/en/3.1/topics/db/sql/#executing-custom-sql-directly

2)トランザクション制御

https://docs.djangoproject.com/ja/3.1/topics/db/transactions/

明示的にトランザクションをコントロールする

3.複合主キーの扱い

https://docs.djangoproject.com/ja/3.1/faq/models/#do-django-models-support-multiple-column-primary-keys

https://code.djangoproject.com/wiki/MultipleColumnPrimaryKeys

複合主キーはサポートされていなくて、「primary_key=True」指定されているフィールドが無い場合は、「id」が主キーとして動作するので、従来システムのDBを使っている場合、モデルを使った更新、削除が、このままでは動作しない。テーブルにidフィールドを追加するか、独自のクエリで処理する必要がある。

3.Manager

3.1 カスタムマネージャーの作成

DB取得等のロジックをViewの中に色々書くのもいまいちなので、カスタムマネージャーを作成する。

(Django公式)マネージャーのカスタマイズ

上記の日本語版は、翻訳が微妙で間違った解釈になるところがあるので、英語版を読んだ方が良さそう。

(Django公式)Custom managers

拡張クラスにメソッドを定義、あるいはget_querysetを書き換える等をコーディングするなり、QuerySetを定義するなりする。以下に4パターンの方法が記載されている。

(Django公式ドキュメント)

①カスタムMangerにメソッド追加する方法

Adding extra manager methods

②カスタムMangerの初期クエリセットを変更する方法

Modifying a manager’s initial QuerySet

③QuerySetを拡張してメソッド追加する方法

Calling custom QuerySet methods from the manager

④QuerySetを複数拡張する場合に、Managerをクエリセットから定義できる方法

Creating a manager with QuerySet methods

上記から適切な方法で実装していく。

4.QuerySet

https://docs.djangoproject.com/ja/3.1/ref/models/querysets/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください