DjangoでWebアプリ

既存システムのDBを使って、Djangoで新たなWebアプリを作っている作業メモ。

1.開発環境と既存DBの取り込み

とりあえず、Visual Studio Community 2019で、既存DBのモデルに取り込みまでは、以下で行った。

2.アプリ開発

チュートリアルを参考に改造していく。

(Django公式)はじめての Django アプリ作成、その 1 | Django ドキュメント

2.1 DBの内容をページに表示

まずは、既存DBのモデルにてデータを取得し、ページに表示する。流れとしては、Viewでmodelを使ってデータを取得し、それをテンプレートに渡して表示させる。

1)ビュー

以下を参考に、モデルを取り込んで、データをテンプレートに渡すようにする。

(Django公式)実際に動作するビューを書く

app/views.pyを修正していく。

①読み込みたいmodelをimport
from .models import DBモデル
②modelを操作してデータを取得

データベース操作について、公式サイトのリンクが以下にまとめてくれてあるので、ありがたく参考にさせてもらう。

(Qiita)Django データベース操作 についてのまとめ

2)テンプレート

app/templates/app以下のテンプレートを修正していく。テンプレートの記述言語についての説明は以下ページ。

(Django公式)

テンプレート

The Django Template Language

Viewから渡されたデータは、「{{ 変数名 }}」と記述して使えるので、それをページ内に表示させる。

2.2 カスタムマネージャーの作成

DB取得等のロジックをViewの中に色々書くのもいまいちなので、カスタムマネージャーを作成する。

(Django公式)マネージャーのカスタマイズ

上記の日本語版は、翻訳が微妙で間違った解釈になるところがあるので、英語版を読んだ方が良さそう。

(Django公式)Custom managers

拡張クラスにメソッドを定義、あるいはget_querysetを書き換える等をコーディングするなり、QuerySetを定義するなりする。以下に4パターンの方法が記載されている。

(Django公式ドキュメント)

①カスタムMangerにメソッド追加する方法

Adding extra manager methods

②カスタムMangerの初期クエリセットを変更する方法

Modifying a manager’s initial QuerySet

③QuerySetを拡張してメソッド追加する方法

Calling custom QuerySet methods from the manager

④QuerySetを複数拡張する場合に、Managerをクエリセットから定義できる方法

Creating a manager with QuerySet methods

上記から適切な方法で実装していく。

1)カスタムマネージャーの定義

app/managers.pyを追加して、カスタムマネージャーを定義する。

"""
Definition of DB managers.
"""

from django.db import models

# Managerの拡張クラスを定義
class XxxxxxManager(models.Manager):
    :

データの絞り込みは、filterを使う。

(Django公式ドキュメント)

フィルタを用いて特定のオブジェクトを取得する

フィールドルックアップ

2)モデルの修正

app/models.pyの修正して、モデルのobjectsを書き換える、あるいは目的に応じたmanagerを取得するメソッドと追加する。

3)有効期間内のデータを対象とする例

テーブル(Information)に有効期間として、from_timeとto_timeを持っていて、現在有効なデータだけを対象とする場合の例。「②カスタムMangerの初期クエリセットを変更する方法」で実装。

① manager.py
"""
Definition of DB managers.
"""

from django.db import models
from django.db.models import Q
from django.db.models.functions import Now


# Information
class InformationManager(models.Manager):
    def get_queryset(self):
        return super().get_queryset().filter(
            Q(from_time__lte=Now()) & Q(to_time__gt=Now()))

filterに、「Q(from_time__lte=Now()) & Q(to_time__gt=Now())」とすることで、「from_time <= CURRENT_TIMESTAMP AND to_time > CURRENT_TIMESTAMP」という条件になる。

(Django公式ドキュメント)

Q オブジェクトを用いた複雑な検索

Now関数

② models.pyの修正
"""
Definition of models.
"""

from django.db import models
from .managers import InformationManager


# Create your models here.

class Information(models.Model):
    id_information = models.AutoField(primary_key=True)
    from_time = models.DateTimeField(blank=True, null=True)
    to_time = models.DateTimeField(blank=True, null=True)
    title = models.CharField(max_length=128, blank=True, null=True)
    detail = models.TextField(blank=True, null=True)
    created_at = models.DateTimeField()
    updated_at = models.DateTimeField()

    objects = models.Manager() # The default manager.
    news = InformationManager() # Custom manager

    class Meta:
        managed = False
        db_table = 'information'

Viewでは、Information.newsで対象データを取得する。

2.3 デバッグ

Django Debug Toolbarを入れる。

Django Debug Toolbar

ドキュメントに従い設定したが、Visual Studio からDjangoの開発用サーバーで実行すると、ツールバーが表示されない。

Chromeのエラーを見ると、toolbar.jsの読み込みがはじかれている。

Failed to load module script: The server responded with a non-JavaScript MIME type of "text/plain".

とりあえず、setting.pyに以下を追加することで解決。

# For Debug Toolbar
if DEBUG:
    import mimetypes
    mimetypes.add_type("text/javascript", ".js", True)

3.UIデザイン

デザインは苦手なので、Bootstrapのサンプルを参考にする。

https://getbootstrap.jp/docs/4.5/examples/

1)最新のBootstrapを入れる

app/static/app/content,scripts下のBootstarp、JQuery、Popper等の必要なものを入れる。

CDNを利用するのがいいのかもしれないが、とりあえず開発時点ではstaticに取り込む。

2)サンプルのCSS,JSを入れる

使うサンプルのCSS,JSもapp/static/app/content,scripts下に入れる。

3)サンプルを参考にテンプレートを作成していく。

トップページは、Pricingを参考に。管理画面はDashboardを基に作ることにする。

4.セキュリティー設定

1)admin

adminについて、必要ないなら消す。カスタマイズして使っていく予定なら、IP制限を入れる。以下を利用した。

django-admin-ip-restrictor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください