ニフクラで、CentOSサーバー設定

ニフクラで、CentOS(7.6)サーバー追加時に最初にやることのメモ 。ConoHaはサーバー側でファイアウォール設定だが、ニフクラは外部のファイアウォールを使うという違いがある。

「firewall-cmd」で確認すると、デーモンは実行していない。

# firewall-cmd --list-all
FirewallD is not running

# firewall-cmd --state
not running

# iptables --list
Chain INPUT (policy ACCEPT)
target prot opt source destination
Chain FORWARD (policy ACCEPT)
target prot opt source destination
Chain OUTPUT (policy ACCEPT)
target prot opt source destination

ファイアウォールは動作していないので、ニフクラのファイアウォールで設定する。それ以外は、ConoHaの時と同じ。

違いのある場所については以下。

1.サーバー追加時

サーバー設定で、ファイアウォールを追加する。ファイアウォールの設定は、「INルール追加」でプロトコル「SSH」で接続元種別「現在接続しているIPアドレス」とする。

2.サーバーの基本設定

2.0 パスワード設定

コンソールからログインする場合には、rootパスワードが必要となるので設定する。

https://cloud.nifty.com/cs/catalog/cloud_faq/catalog_120416000678_1.htm

2.3 SSHポート変更

「 2) ファイアウォールの設定変更」は、コントロールパネルの「ファイアウォール」から設定変更を行う。

ニフクラのファイアウォールだけでなく、内部のファイアウォールを有効にする場合の手順は、以下。

cd /usr/lib/firewalld/services/
cp -p ssh.xml ssh-????.xml
vi ssh-????.xml ※port="22"の22を変更したポート????に

cd /etc/firewalld/zones
vi public.xml  ※ssh.xmlをssh-????.xmlに変更

systemctl unmask firewalld
systemctl start firewalld
firewall-cmd --list-all ※確認
systemctl enable firewalld

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください