サーバーの移行手順

サーバーの老朽化あるいはVPS業者の乗換えなどにより、サーバーを移行する場合の手順についてのメモ。

1.移行手順

DBサーバー移行時だけ計画停止(メンテナンス)するという条件で、 以下の手順で移行する。

1)新サーバーの環境構築

現行サーバーからプログラム、データ等をコピーして、新サーバーで環境を構築する。

新サーバーの環境構築

この時に、現行DBサーバーからデータをコピーして新DBサーバーに登録するまでの時間を覚えておくこと。この時間が、4)でのサービス停止時間(メンテナンス時間)を決めるのに必要となる。

テスト端末でhostsに以下の設定を追加することで、新サーバーの動作確認を行う。

(テスト端末のhosts設定)
222.222.222.222 XXService.com #新WebサーバーのIPアドレスを設定

Windows10でのhosts設定方法は以下。

新Webサーバーと新DBサーバーで、問題なく動作することを確認する。OS等のバージョンを上げている場合は、その影響がないか念入りに動作確認を行う。

2)新Webサーバー+現行DBの動作確認

新DBサーバーは一旦停止して、新Webサーバーから現行DBサーバーを見るようにする。現行DBサーバー側で、新Webサーバーからの接続を許可 (DB設定とファイアウォール)する 。

新Webサーバー+現行DBの動作確認

1)と同様に、新Webサーバーにアクセスして動作確認を行う。

3)DNSを変更してWebサーバー並行稼働(現行DB)

DNS設定を現行サーバーから新サーバーに変更することで、ユーザーが徐々に新Webサーバーにアクセスするようになる。

DNS設定を変更し、Webサーバー並行稼働(現行DB)

通常であれば1週間ほどでDNSキャッシュは全て更新されて、現行Webサーバーへの ユーザーからのアクセスは完全になくなる。この時間を短くしたい場合は、事前にDNS設定でTTL値を小さくしておく。

現行Webサーバーは、ユーザからのアクセスがなくなった時点でお役御免となる。

4)DBサーバーを移行し、新サーバーにて運用

事前に、計画停止についてユーザーへの告知(調整)をする。

計画停止時にDBサーバーの切り替え作業を行い、旧サーバーを停止する。

DBサーバーを移行し、新サーバーにて運用

計画停止時の作業内容としては、ざっくり以下。

  1. メンテナンス中として、DBアクセスを止める
  2. DBバックアップを取得し、新DBサーバーに投入する
  3. 旧サーバーを停止し、DBアクセス先を新DBサーバーに変更
  4. サービス再開

2.レプリケーション機能を使う場合

データ量が多くてDB移行時の停止時間が長くなりすぎる場合あるいは長い停止時間が取れない場合には、レプリケーション機能を使う。

2)と3)の間で、新DBをスレーブに設定することで、

3)Webサーバー並行稼働+現行DBサーバー(マスタ)+新DBサーバー(スレーブ)といった運用にする。

レプリケーション機能を使う場合

4)DBサーバー切り替えは、以下作業となり、僅かな停止時間で実施できる。

  • 新DBサーバーを、スレーブからマスタに昇格し
  • DB接続先を新DBサーバーに切り替える

「サーバーの移行手順」への1件のフィードバック

  1. Windows10でのhosts設定についての記事を追加したので、リンクを追加した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください